CAR

車を運転するということ

黒い車

車を運転するということについて考えてみました。
車を運転すると、まずは速度が上がります。つまり自分自身は大きなエネルギーを持っているということです。エネルギーがあるということは何かにぶつかると大きな衝撃が起こるということです。ですから運転をしているときは細心の注意を払わなくてはいけないと思うのです。

物理学を勉強しているとエネルギーは保存されるということがわかります。
つまり、運動している物体のエネルギーは何かに変換されるということになります。

タイヤがだんだん擦り減っていくのも車の重さがあるからではないでしょうか。

そして、気になっているのは速度の変化ですね。
加速をしているときは後ろに引っ張られるように感じますけれど、一定の速度になると何も感じません。つまり、加速度運動をしている時だけ慣性の法則を感じられるということです。

こう考えてみると車は非常に面白いものであると思います。
数学や物理学の塊ともいえるでしょう。

私は数学を勉強することが好きなのですが、このようなことを考えていると時間が経っています。やはり、色々な知識を持っていたほうが世の中を楽しめるなあと思いました。
私はまだ車を運転したことがないのですが、免許を取得して運転したら楽しいだろうなと思いながら生きています。

インフォメーション

お勧め車シネマ。

赤いミニカー

まず一つ挙げるお勧めの車映画ですが「新ミニ・ミニ大作戦」です。「えーっ!そっちかよ!オリジナルミニ・ミニ大作戦じゃないのかよ~…

もっと読む

車・バイク好きの男

車のメーター

車・バイク好きの男ってそれ以外何も考えてなくて、住む場所や服装などは全然興味ない気がする。車がキレイなら、車が汚れないなら、家は無くて…

もっと読む

車を運転するということ

黒い車

車を運転するということについて考えてみました。車を運転すると、まずは速度が上がります。つまり自分自身は大きなエネルギーを持っているとい…

もっと読む

車の部品について

赤い車

車は多くの部品によって成り立っています。タイヤやエンジン、ガラス窓など数えればきりがないほどですね。そしてそれらのパーツは一つ…

もっと読む

赤い車のイラスト